借金返済を一時的に停止する方法とは

やむをえぬ事情で借金返済を一時停止するには、債権者の許可が必要となり、債務者の判断で支払いを取りやめるわけにはいけません。
カードローンやクレジットカードのキャッシングの支払いやショッピング利用の借金返済の場合、できれば締め日の前日までに、無理だったら遅くても返済の約束の日の前日までに、コールセンターに連絡をして一時停止をしてもらえるようにお願いする必要があります。金融機関によっては、支払いに関する専用の電話相談窓口を設けてあるところもあります。比較的返済する額が少ない場合は、いつまでに返済できるか質問され、その日までに借金返済手続きを済ませるようにします。
それまでの支払い実績が良好なものでしたら、1ヶ月先まで待ってもらえることもありますし、当月の返済は利息分だけで良いとされることもありますし、クレジットカードのショッピング利用なら、リボ払いやボーナス月の一括払い等に変更可能なこともあります。金融機関によっては、遅延損害金などのペナルティを課されることがありますので、注意が必要です。
住宅ローンのように借金返済額が多額になる場合も、一時停止が可能です。最大で半年ほど待ってもらうことも可能ですが、返済の見直しをして、月々の返済額を一時的に軽減することも可能です。月々の返済額を軽減して、支払い期間を完済年齢の範囲の期間まで延長する方法や、1から2年間の期間を決めて、元金支払いを停止し、一時的に金利分のみの支払いにしてもらう方法があります。病気などで一時的に働けない状態だが、確実に復帰できる場合には、これらの方法が利用できますが、変更前の返済額が2倍に達することもありますので、事前のシミュレーションをしっかりしましょう。
http://xn--eckzbs5jpgv62qo04bur2c4zd.com/

カードローンで収入証明書不要だったときの体験談

いったん親から独立したのですが、病気になって再び扶養に入ることになりました。
その時にどうしてもカードローンが必要になり、収入証明書を用意しなければならないのかと不安になりました。

いろいろ探しているうちに、借りる金額が50万円以下であれば収入証明書不要のところを見つけました。必要な金額は5万円程度だったので、これなら収入証明書を用意しなくていいと思って申し込んでみることにしました。

特別急いではいませんでしたが、ネットから申し込みすれば最短で30分で審査結果を教えてくれるというので、それを利用しました。

カードローンをするのは初めてで不安でしたが、必要な情報をフォームに従って入力していくだけだったので、わりと簡単に申し込みは完了しました。
審査結果が出るまではソワソワして落ち着きませんでしたが、1時間程度で結果がきて、無事に借りられることになりました。

保証人が不要だったので、親に迷惑をかけなくて済むというのも安心でした。一応在宅ワークをやっていてわずかな金額は自分で稼げていたので、とりあえず今回だけ借りてしのげればよかったからです。

カードローンをするまでは、モビットローンに対して怖いイメージしかありませんでした。借金の取り立てのような状況になったらどうしようと不安でした。
しかし、その後ちゃんと借りた金額を返し終わったので安心しています。

今後も借りる機会があるかもしれませんが、その時にはよく考えて使いたいと思います。